最高のすし職人に 妥協なき逸品を

 

 

 

「日本一の包丁を作ってもらいたい」

 

夏前に承ったご用命ながら、水焼きの本焼きは秋風が吹く季節から。

一切の妥協が許されない水の温度へのこだわり。

この傑作の一丁は幾工程毎の極度の緊張のなかから産み出された。

 

 

徹底した切れ味の追及は青紙一号鋼の選択のみならず

堺の包丁鍛冶屋、刃付け屋、柄屋のこだわりの技術にその回答を見出す。

 

これが藍久の考える「日本一の包丁」への答えである。

素材から仕上げまで、全てがオーダーメイド

打刃物一筋、納得のいく

「堺藍久」和包丁